193431

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
猫の手も借りたい

[トップに戻る] [ワード検索] [管理用]

・・・枠のある画像はクリックすると拡大表示します・・・

  月と猫と夜の庭 - 2020/09/28(Mon) 07:52:39 No.3008



彼岸花が咲き始め、ヌスビトハギの花が開きました。

今年もまた秋がやってきました。





Re: 秋  まるこめ - 2020/09/29(Tue) 22:42:24 No.3009



遊び呆けて先の投稿に反応出来ずじまいですみませんでした。
月半ばに再発がないかどうかの検査で昼日中に病院に行く機会があったのですが、
そんな時間に空を見上げることがついぞなく、あまりに見事な入道雲に、
この変化を追うのもありだなぁと思ったのも束の間、空は秋仕様に。

写真はかつてミヨシ一族が闊歩していた一画です。
母や娘が潜んでいた小屋も今はなく、コンクリ部分も崩壊してしまいました。
ソフトフォーカスな記憶が漂う中、今はキンタがひとり茂みの奥。





Re: 秋  月と猫と夜の庭 - 2020/09/30(Wed) 18:29:51 No.3010



ワァ〜、随分と様変わりしてしまいましたね。

あの漁師小屋のたたずまいが好きで、屋根や屋根裏で遊んでいた一家を何枚も撮りました。
ミヨシにこの小屋の中で初めて触れることが出来たように記憶しています。
西日がつくる陰影の中、小屋の中にぽつんとあった椅子の上にロクローが座っていた光景も印象的でした。
コスケは水槽に溜まっていた雨水を細い縁に飛び乗って、器用に前脚ですくって飲んでいたことを昨日のことのように覚えています。

小屋の前の小舟や流木、さらには地引網のための様々な杭がネコたちに彩りを添えてくれましたよね。
地引網を干す杭に止まっているカラスを見上げるまるこめさんが撮ったジンパチの写真、嫉妬を覚えながらも好きでした。
感傷がくどすぎる波のように繰り返し襲ってきます。

ジンパチがミュウとなって十余年。
彼女の原点は間違いなくここに有ったように思います。

今では風景は違えども、キンタが伝統の灯を消さないように守ってくれているのですね。
ガンバレ、キンタ!



今年最後の夏の日  月と猫と夜の庭 - 2020/09/13(Sun) 11:44:27 No.3007



秋雨前線が停滞する中、昨日は夏らしい最後の陽射しでした。
あえて気温の高い時刻を選び猫たちに会いに行ってきました。

顔からは汗が滴り落ち、Tシャツは濡れて変色するほどでしたが、
ネコたちは皆元気で顔を見せてくれました。
今年も夏が終わろうとしています。

猫たちの命に心から感謝します。



夏の刻印  月と猫と夜の庭 - 2020/08/22(Sat) 15:20:06 No.3001



ファインダーを覗いているだけで汗が滴り落ちてきます。

ネコたちも茂みの中から返事だけ、
あるいは、健気に出て来ても心臓の鼓動が激しく波打っています。

これらの葉が色づく季節を早くにと待望しますが、
一方でその時には、夏が落とし穴に落ちて消えたような寂しさも覚えるのではないかと思います。





Re: 夏の刻印  まるこめ - 2020/08/30(Sun) 21:37:52 No.3002



あいかわらず猫以外の写真を全然撮っていません。
たまに撮ってみるのは、猫撮りの道すがらの変わり映えしない光景ばかり。
ぼかぁ、海岸から猫が消えてもなお写真を撮り続けているでしょうか。うむぅ。





Re: 夏の刻印   - 2020/08/31(Mon) 13:01:48 No.3003



こんにちは 月と猫と夜の庭さん、まるこめさん

日の出日の入りの時間に変化は出てきましたが、
まだまだ暑い日々。

クーラーの冷風が来ない外の温度とほぼ変わらない場所に、わざわざ寝そべるなんて…
階段上の3匹。

月と猫と夜の庭さん、
セミの抜け殻と木に移るモミジの影、観察力と審美眼、素晴らしいですね。

まるこめさん、
秋の気配をまとった湘南の海風が頬を撫でていった気がしました。


体調に気をつけてお過ごしくださいね。





Re: 夏の刻印  まるこめ - 2020/09/05(Sat) 22:37:23 No.3004

投稿ありがとうございます。
対応遅くてすみません。

この夏は暑さに負けて、本当に撮り歩くことができませんでした。
階段上の3匹にも劣る忍耐力のない奴です。
秋の気配も9月になった途端の一瞬で、ぶり返した暑さに参っている毎日です。
ねこやしきさんもどうかご自愛ください。





Re: 夏の刻印   - 2020/09/06(Sun) 07:23:36 No.3005



まるこめさん 返信ありがとうございます。
今年はマスク装着の追い打ち、危険レベルの暑さでした。

この子は、「ビュー」。
艶やかビューティフル・グレーの若い女の子です。

いつも 笑顔にさせてくれる 心躍る素敵な写真をありがとうございます。

まだまだ暑いとはいえ、秋に向かうこの時季特有のほんの少しの寂しさを味わいつつ…

体調にお気をつけてお過ごしくださいね。





Re: 夏の刻印  月と猫と夜の庭 - 2020/09/08(Tue) 10:53:34 No.3006



ねこやしきさん、こんにちは。

確かに猫は不思議ですね。
涼しい所が好きかと思いきや、ミュウも熱いに違いないベランダに出たがりゴロンゴロンします。
ビュー、可愛いな!
ミュウはお腹を撫でられるのは好きですが、こういう姿勢はとったことがありません。
横臥したまま喉を鳴らし、時折キックを交えます。

まるこめさん、湘南の海が恋しくなりました。

ミュウの賢さを再発見しました。
押し入れから出てきたもののボクを避けてこそこそとソファの下に隠れます。
おかしいなと思いつつ捕まえてみると、片目に透明なヤニが・・・・・・。
一年に一度あるかないかの目薬が嫌なのです。
学習能力の高いミュウです。
オヤバカです。



ツメトギ  月と猫と夜の庭 - 2020/08/06(Thu) 01:25:49 No.2999



ポンタお気に入りのツメトギ台は、
2018年の台風被害にあっていたものでとうとう枯れてしまいました。

この日、大木に挑戦したものの根元の草も一緒に・・・・・・。
おとぼけポンタの面目躍如です。





Re: ツメトギ  まるこめ - 2020/08/09(Sun) 23:37:56 No.3000



東の雄、クリのお気に入りの爪とぎは、
サイクリングロードの砂ならし用トンボです。
トゲが刺さりそうな柄の部分でなくて、使う人も安心でしょう。
……傷だらけにされてイヤかな?



夕立の後で  月と猫と夜の庭 - 2020/08/01(Sat) 11:28:01 No.2997



二時間近く強い雨が降り続いた夕立。
小降りになったので帰宅しようと早足で歩いていると、
背後にトラ君がぽつんと座っていました。

呼んで撫でてやると体はほとんど濡れていませんでした。
どこで雨宿りしていたのでしょうか。
不思議です。

思い返してみるとずぶ濡れのネコを見た記憶がありません。





Re: 夕立の後で  まるこめ - 2020/08/02(Sun) 22:38:33 No.2998

梅雨の最中、濡れ鼠のようになってデリバリーに向かった先で、
出てくる猫は不思議とまったく濡れていないという話を
心優しいお母さんやお姉さんから伺います。
そういうものなのですね。

ぼくのカメラは雨にもけっこう強いらしいのですが、
それを使う人間の方がからきしなので本領を発揮できずにいます。



成長したボンネットのボン   - 2020/07/22(Wed) 16:55:59 No.2994



こんにちは まるこめさん。

昨年11月に、見知らぬかたの車のボンネットの中から救出したボンです。
無事 成長し、先日 去勢手術も済みました。

スマホしか撮るものがなく、黒猫は特に難しいのですが、
いつものボンらしい雰囲気は出ています。
見てやってください。

いよいよ本格的な蒸し暑さ、体調に気をつけてお過ごしくださいね。





Re: 成長したボンネットのボン  まるこめ - 2020/07/24(Fri) 00:19:39 No.2995

いや、これはいい表情を捉えましたね。
いいカメラを持たせても、こんなの全然撮れない人はいくらでもいます。

ボンちゃん、無事に育ってよかったね!
この先もずっと穏やかに過ごせますように。





Re: 成長したボンネットのボン  月と猫と夜の庭 - 2020/07/25(Sat) 09:26:25 No.2996



かつての論客、ロクローに勝るとも劣らないサビネコ君。
石の上で爆睡中。正面に回っても眼さえ開けないほどでした。
オジサンの膝の上に乗り、ゴハンをもらっている光景をよく見かけます。

ボンちゃん太ったかな。
レンズのせいかな、いやいや幸せ太りだな。
良かったね。



懐かしの一枚  茅ヶ崎在住人 - 2020/07/18(Sat) 02:19:54 No.2992



ウチノこの良いお顔が出てきたので思わず投稿です





Re: 懐かしの一枚  まるこめ - 2020/07/20(Mon) 00:27:18 No.2993

どうもありがとうございます。
うちに猫がいた頃、ぼくはまだ満足なカメラを持っていなくて、まともな写真が非常に少ないのです。
などと言っていないで、ちょっと探してみようかな。

エリカがいなくなって偶然にでも遭遇できなくなってしまったのが残念です。



こちらも二足歩行  月と猫と夜の庭 - 2020/07/09(Thu) 08:15:15 No.2990



これは、ボス猫・トラの二足歩行練習中。
長い、でかい、可愛い!





Re: こちらも二足歩行  まるこめ - 2020/07/12(Sun) 00:10:55 No.2991



古い写真で恐縮です。
今は人も猫も誰もいない、まさに10年ロマンスの舞台。



押し入れ  月と猫と夜の庭 - 2020/06/28(Sun) 13:24:58 No.2988



ミュウは、押し入れの中でよく寝るのでいつも10pほど開けています。
そこにはプラスティックの衣装箱があるのですが、最近引き出しを閉め忘れていたことがあり、
気が付くといつの間にかその箱の靴下の間の狭い場所で寝ていました。
以後、閉め切らないようにしています。
今では、ミュウのメインベッドルームです。

※オリンパスの映像事業の撤退は大変ショックです。






Re: 押し入れ  まるこめ - 2020/06/30(Tue) 07:30:47 No.2989

オリンパス。これはちょっとした事件ですね。
以前ほどカメラやレンズに対して情熱を持っていないのですが、
それでもまったくの無関心ではいられないわけで。
3年後、5年後にどんなカメラで写真を撮っているのか、まるで想像できません。



Best of Nail Clipper  月と猫と夜の庭 - 2020/06/16(Tue) 21:19:49 No.2986



ここのネコたちには、それぞれお気に入りのツメトギ場所があります。

ポンタは、散歩に出ると三回に一回はここでツメトギをします。
足置き場といい、最高の場所ですね。
おかげで、樹皮はボロボロです。

ポンタとバンバがどうしてもダブってしまいます。





Re: Best of Nail Clipper  まるこめ - 2020/06/18(Thu) 11:30:35 No.2987

おあつらえ向きとはまさにこのことを言うのでしょう。
猫の気持ちがわかる気がします。
でも、爪とぎの場にも縄張りってあるんでしょうか。

うちの門柱横に小さな金木犀の木があるのですが
そこに残された爪とぎ跡を目にするたび、
それが少しずつ上になっていくのに気づくたび切なさがこみ上げます。

[直接移動] [1] [2] [3]
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除もできます。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -
Antispam Version