187722

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
猫の手も借りたい

[トップに戻る] [ワード検索] [管理用]

・・・枠のある画像はクリックすると拡大表示します・・・

ついに独りぼっち  月と猫と夜の庭 - 2020/02/14(Fri) 22:00:43 No.2938



ずっと撮り続けてきた三匹のうち、
ついに、クロくん(ペン)がとうとう独りぼっちになってしまいました。

彼を大好きだったミケが最初に虹の橋を渡ってしまい、ボクの親友でもあり、クロが慕っていたシロも体調不良で、懐いていた方に保護されたようです。
自然の摂理とは言え、感情が追い付いていきません。

クロは一匹になってから今まで見せたことのない姿態を見せるようになりました。
センチメンタルになるなよと言っているかのようです。






Re: ついに独りぼっち  まるこめ - 2020/02/17(Mon) 00:56:47 No.2939



こちらでも柳島だとか漁港だとか民宿前だとか、
それこそあらゆる猫だまりで起こってきたことですが、
当の猫たちはどんな思いでいるのでしょうね。
最後のひとりは必ずといっていいほど人懐こくなるようです。
そこがまた切なくも愛おしかったりするわけです。



待ち伏せ  月と猫と夜の庭 - 2020/02/09(Sun) 02:27:04 No.2935



ボクを待ち伏せているネコがいます。
通りかかるとどこからともなく現れ、ゴハンをねだります。
食べるとそそくさと消えます。

可愛いです。まだボクは名前をつけていませんが、「マチ」とでもつけようかな。





Re: 待ち伏せ  まるこめ - 2020/02/10(Mon) 23:35:03 No.2936



誰か来るのを待ってはいるんでしょうが、
けっしてぼくを待っているわけではないキンタ。
ごめんよ、お望みのモノを持っていなくて。





Re: 待ち伏せ  月と猫と夜の庭 - 2020/02/13(Thu) 22:12:17 No.2937



もう一匹待ち伏せ猫がいます。

上の写真を「マチオ」とすれば、こちらは【君の名は】「マチコ」です。
・・・古すぎますかねぇ・・・
丸々と太っています。



石垣の住人  月と猫と夜の庭 - 2020/01/31(Fri) 05:19:50 No.2932



ブーちゃんは、最近、ボクの足音がわかるようで待ってましたとばかりに出て来ます。

ポンタもいくつ名前を持っているかは定かではありませんが、
「ポンタ!」と呼ぶとすぐ反応します。

嬉しかぁ!





Re: 石垣の住人  月と猫と夜の庭 - 2020/01/31(Fri) 06:02:07 No.2933



会うたびにバンバを想起させる愛しのポンタです。





Re: 石垣の住人  まるこめ - 2020/02/02(Sun) 22:58:49 No.2934



ひとつところで複数の子と会える場所がこちらでは近年とみに減少していますが、
「クリ〜」と呼びながらこちらを覗くと、このアンチャンが返事をしつつ出てきます。
「きみはクリじゃないよ」と言っても返事をします。
返事というか催促というか。

可愛くない猫なんていません。



ボス猫、トラ。  月と猫と夜の庭 - 2020/01/15(Wed) 14:38:21 No.2929



コスケ似のボス猫、トラ。
非常に賢くて人懐っこく可愛いのですが、猫たちの間ではランボー者で評判はよろしくありません。
彼が近づくと皆固まってしまいます。

この日も、ポンタにチョッカイを出して、梅の木に追いやりました。

ボクが仲介役をかって出るものの、なかなか難しいものがあります。





Re: ボス猫、トラ。  まるこめ - 2020/01/17(Fri) 00:47:23 No.2930



こちらでも人に対してはきわめて友好的なのになぜか猫受けが悪く、とあるエリアを完膚なきまでに離散させた子がいましたが、人間にはちょっと理解しづらい現象ではありました。

写真は強面の新参者に迫害されているクリ。
応援してはいるのですが、こうしたことに人間は介入できませんね。





Re: ボス猫、トラ。  月と猫と夜の庭 - 2020/01/17(Fri) 17:08:20 No.2931



ポンタの名誉のために、
おびえて遁走した姿だけではなく自主的に梅の木に駆け上がり、
雄々しく辺りを睥睨しているものを追加しておきます。
緑の瞳が綺麗です。

ここでは、梅はまだほとんど蕾ですが、中には気の早い木がちらほらと花を咲かせ始めています。



明けましておめでとうございます  月と猫と夜の庭 - 2020/01/02(Thu) 05:18:34 No.2927



明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ネズミ年は、猫たちにとってきっと【大吉】でしょう。





Re: 明けましておめでとうございます  まるこめ - 2020/01/03(Fri) 12:11:42 No.2928



おめでとうございます。
今年も素敵な写真をたくさん見せてください。
どうぞよろしくお願いします。



ようやく冬景色  月と猫と夜の庭 - 2019/12/21(Sat) 05:57:11 No.2925



今年もあと10日あまり。
ここではようやく落ち葉が茶色一色になってきました。
猫たちもみな元気です。





Re: ようやく冬景色  まるこめ - 2019/12/22(Sun) 01:05:18 No.2926

くぅ〜、広がりのあるいい写真ですねー。
今年は早々と休みに入ったので、負けないような写真を大いに撮り歩きたいと思っています。
が、近頃は時間があるといそいそジムに行こうとしてしまうのが問題です。うう。



紅葉  月と猫と夜の庭 - 2019/11/28(Thu) 08:18:26 No.2920



今年は、桜の色付きがことのほかきれいで、
ブーちゃんがポーズをとってくれました。





Re: 紅葉  まるこめ - 2019/11/29(Fri) 23:52:27 No.2921

やー、これはいいですね。
にわかにぼくも紅葉を撮りたくなってきますが、ここいらまだ全然です。
鎌倉宮とか獅子舞だとかを歩いたのはいつも12月になってからでした。
今年は台風の影響で鎌倉のハイキングコースは通行不可のところがあるそうですが。





Re: 紅葉  月と猫と夜の庭 - 2019/12/06(Fri) 11:11:30 No.2922



こちらは、元気一杯のおばあちゃん。
猫生も100年時代を迎えるのでしょうか。
昨日撮ったものですが、そろそろ紅葉も終わりです。

視線の先にはポンタがいます。
ポンタは走って出てくるようになりました。ものすごく甘えます。
昔に戻って一安心。





Re: 紅葉  月と猫と夜の庭 - 2019/12/08(Sun) 08:58:00 No.2923



一方、こちらはポンタ。
背伸びして小枝にスリスリしたのあとのポーズです。
被写体ブレしていますが、思わず笑ってしまう仕草だったので投稿しました。





Re: 紅葉  まるこめ - 2019/12/08(Sun) 21:53:58 No.2924



ポンタ、可愛いですね。
ブレてたって、絵が切れてたって、全然OKな写真はあるものです。
むしろ目指したいほどで。ボツ写真の王者とか。いやー、わはは!

というわけで、今日も紅葉とは無縁のところを訪れてしまいました。



ミュウの寝床  月と猫と夜の庭 - 2019/11/20(Wed) 12:25:23 No.2918



寒くなりました。

ミュウの寝床は、陽射しの差し込む南側の窓辺に、猫座布団、毛布、猫用ホットカーペットと三段構えになっています。陽射しを含むと四段ですかね。
ここでスヤスヤと眠っている姿を見ると、本当に幸せな気分になり自然に笑みがこぼれて来ます。

バンバが旅立ってからもうすぐ一年。
ものすごく甘えて来るようになりました。
ミュウはバンバのことを覚えてくれているのでしょうか。 





Re: ミュウの寝床  まるこめ - 2019/11/20(Wed) 14:03:58 No.2919



こちらは今日、今シーズン一番の冷え込みだそうです。
といいながら、6年前の夏のミュウです。
バンバと違って隠れてばかりでほとんど撮れませんでしたが。

猫の記憶については、ぼくもよく考えます。
海の記憶、肉親の記憶、仲間の記憶、楽しかった記憶……。
いい思い出を持っていてくれたらいいなと思います。



初秋  月と猫と夜の庭 - 2019/10/23(Wed) 10:58:29 No.2913



去年は大型台風のストレスからか長い間姿を見せず、現れたときにはげっそりと痩せ、皆を心配させた、シロくん。今年は、猛暑を乗り切り、食欲もあり、元気です。ただ一向に太りません。

ここに来ると、自らの指定席に進んで飛び乗ってくれます。
やがて部下のペンくん(胸元の白い模様がペンダントに見えることからついた名)も遅ればせながらやってきて、初秋の陽射しを二匹で満喫していました。





Re: 初秋  まるこめ - 2019/10/25(Fri) 08:24:58 No.2914

ペンくん、部下というのがなんだかいいですね。
シロくんはボスなのでしょうか。それともアニキ的な?

ぼくはといえば最近は撮り歩きよりもジム通い優先で、ここに載せるような写真が全然ないのが困ったものです。誰か撮り歩きに誘ってくれないものか。





Re: 初秋  月と猫と夜の庭 - 2019/10/26(Sat) 12:33:41 No.2915



ボスと言えばボスのような、アニキといえばアニキのような・・・ただこのエリアでは二匹しかいなくなりました。

ペンくんがシロくんを慕っているというのが実情のようです。
とにかく仲が良いのは間違いありません。





Re: 初秋  まるこめ - 2019/10/26(Sat) 20:36:40 No.2917



兄弟でもないのに仲のいいふたりというのは、なぜか見ていてうれしい気持ちになります。
写真は2008年の鎌倉猫寺、ボスとその腹心です。なつかショットはこちらでも。



オバアチャン膝に乗ってくる  月と猫と夜の庭 - 2019/10/13(Sun) 23:23:29 No.2911



まるこめさんがよく撮っていたカルミンの膝乗り写真。
ボクも一度だけ同じ写真を撮った記憶があります、人懐っこい優しい猫でしたね。

ポンタを撮っていたら、振り返ってみるとオバアチャンがカメラバッグの上に鎮座していました。
アレッと思いつつもポンタを撮り続け、一服しにカバンの場所へ戻ると今度は膝の上に・・・・・・。
慣れぬ自撮りで何枚か撮っているうちに、次に現れたのは、コスケ似のボス猫トラ。いつの間にか直ぐ側に来て、「ニャア」と鳴く始末。オバアチャンは自慢げに席を譲りませんでした。オバアチャンの視線の先にはトラがいます。
幸せ極まる一日でした。

※ポンタはほぼ元の状態に戻って来ました。





Re: オバアチャン膝に乗ってくる  まるこめ - 2019/10/14(Mon) 08:44:16 No.2912   <HOME>



今なら膝に乗ってくる子は自撮り棒付きのA01で撮るのですが、
かつては不自然なアングルで体をひねるしかなかったり、
焦点距離などおかまいなしにシャッターを切っていたものです。

写真は、訪れる人誰もに撮られたという鎌倉猫寺の有名猫です。
行けば必ずそこにいた人懐こい子で、最後は家猫として20年超の生を終えたそうです。
お寺も猫も、そしてカメラマンもまだ幸せだった頃でした。

[直接移動] [1] [2] [3]
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除もできます。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -
Antispam Version