185311

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
猫の手も借りたい

[トップに戻る] [ワード検索] [管理用]

・・・枠のある画像はクリックすると拡大表示します・・・

皆勤賞  月と猫と夜の庭 - 2019/09/17(Tue) 21:36:58 No.2905



ポンタは逃げなくなりましたが、以前のように自ら傍にはやって来ません。
まだまだ時間がかかるようです。

代わりに、ブーちゃんがニャアニャアと鳴きながら、毎回出て来るようになりました。
とても臆病な猫で、ヒトが通ると短い足をフル回転させ、お腹を左右にユッサユッサと揺らしながら草叢に逃げ込んでしまいます。
写真は、遠くの人影が近づいてくるや否なやと品定めしているところです。





Re: 皆勤賞  まるこめ - 2019/09/17(Tue) 23:33:57 No.2906   <HOME>

こちらのキンタはといえば、すれ違いざまにちょっと撫でさせてはくれるものの、
じっくり相手してやろうと姿勢を変えるとたちまち警戒態勢に入って距離を置かれてしまいます。
いったいなにがあったのやら。
不埒な輩も出没するので、それくらいの警戒心はあった方がいいのかもしれませんが。



ポンタの心変わり  月と猫と夜の庭 - 2019/08/31(Sat) 11:24:22 No.2901



あれ程懐いていたポンタが、ボクを見て逃げるようになりました。
この日も呼び出しには応ぜず、オバアチャンのお気に入りの石にひっそりと座っていました。
後をついてきたオバアチャンが石に飛び乗ってくれたものの、ポンタは呼びかけてもご覧のようにそっぽを向いたままでした。逃げないことを良しとするしかありませんでした。
顔つきも少し険しくなったようで、何かがあったとしか思えません。

ポンタ、いつものように散歩したいな。





Re: ポンタの心変わり  まるこめ - 2019/09/01(Sun) 23:10:53 No.2902   <HOME>

急によそよそしくされたり警戒されたり逃げ出されたり……した記憶は、
ずいぶん昔のフトシ、数年前のクロサワ先輩、最近ではキンタについてのものがあります。
絶対になにかあったはずです。「ぎ」の字のつくなにかが。
脱兎のように逃げ出したクロサワ先輩と復縁できるまで数ヶ月かかったものです。
いろいろ思いを巡らせると今も胸が苦しくなります。





Re: ポンタの心変わり  月と猫と夜の庭 - 2019/09/03(Tue) 11:16:02 No.2903



この日はすぐに出て来ましたが、Tメートルの距離が縮まりません。
近づくと茂みに逃げ込んでしまいます。
元に戻るにはもう少し時間がかかるようです。





Re: ポンタの心変わり  まるこめ - 2019/09/04(Wed) 23:22:38 No.2904   <HOME>



つかまったちまったぜ! でもちょっとうれしいかも。
キンタの心境やいかに。



ヌートリア出現  月と猫と夜の庭 - 2019/08/03(Sat) 21:23:39 No.2896



草叢を見たことがない猫が横断、すわ、捨てられた猫かと思いきや、ヌートリア。
ポンタとオバアチャンのテリトリーを悠々と歩いていました。

外来種かつ害獣として駆除されているというニュースも度々目にします。
動物たちの世界にも、ダイバーシティという概念が適用されると良いなと感じるのは単なるセンチメンタルリズムなのでしょうか。
よくわかりません。





Re: ヌートリア出現  まるこめ - 2019/08/04(Sun) 23:15:09 No.2897   <HOME>

かつてはタヌキ、ハクビシン、ウサギ、ニワトリなどが出現した当海岸ですが、
ヌートリア、いやはや、これはなんとも。どうも関西方面に多いようですね。
ヒトに懐いたりするんでしょうか。いや、懐かせてはいけないんですね。うーむ。





Re: ヌートリア出現   - 2019/08/22(Thu) 17:26:01 No.2898



月と猫と夜の庭さん、まるこめさん、こんにちは。
ヌートリア… うちの方の公園にはまだいないみたいです。
長年デリバリーゴハンを食べにきてくれた公園猫の「タロウ」と「牛くん」が、
それぞれ、今年の3月と7月に亡くなりました。
「いつかは我が家に」という私の思いなど、“ 要らぬ心配、余計なお世話、オレはこれでイイんだよ ”と、
孤高のノラ猫生を貫き通した2匹でした。
でも、ふたりとも最後の挨拶だけはキッチリと、決して忘れられない形で、
私に残していってくれた。
私に自負できるとすれば、彼らの生涯中1度も空腹を経験させなかった事。
私はご飯以上の幸せを彼らにもらいました。

月と猫と夜の庭さん、まるこめさん、
暦の上では秋ですが、身長が縮みそうな暑さはまだ続きそうです。
どうか体調に気をつけてお過ごしくださいネ。






Re: ヌートリア出現  まるこめ - 2019/08/23(Fri) 23:31:54 No.2899   <HOME>

猫には猫の幸せがあって、人間の物差しでは測れるはずもないと思います。
一概にはいえず難しいものですが、家に連れて帰ればいいというものでもないですね。
タロウも牛くんも、よく生きよく死んでいったのでしょう。
この子たちのおかげで、ねこやしきさんも幸せでしたね。本当にご苦労様でした。
お知らせいただき、どうもありがとうございます。





Re: ヌートリア出現  月と猫と夜の庭 - 2019/08/24(Sat) 02:25:24 No.2900



孫引きですが、『死ぬのは人間だけである。動物はただ生を終えるだけである。』という哲学者の言葉があるそうです。
タロウも牛くんも見事に生を終えたのでしょう。
ねこやしきさん、ありがとうございました。

写真はオバアチャン、16才だそうです。
下顎を骨折しているところをボランティアの方に発見され、即病院へ、手術・検査のあと保護施設に預けられ無事戻って来ました。(骨折の原因は不明ですが、あまりに人懐っこいために虐待説もあります。)
しかし、帰還後も人懐っこい性格は変わらず、呼び出すとすぐ出てきてくれ傍らに座ってくれます。事故であったと信じたいですね。
「ヒトを信用しすぎてはいけないよ」と諭してはみるものの出てこないとなると、きっと寂しさと不安が入り混じった身勝手な思いに囚われてしまうのでしょう。どうにも救いがたいエゴイストですね。

それにしても、ボランティアの方々の迅速な対応には感謝の言葉しかありません。
ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。



器用なポンタ  月と猫と夜の庭 - 2019/07/21(Sun) 18:16:22 No.2894



ポンタは、前肢や後肢をうまく使いバランスをとる毛繕いの天才です。

とぼけた味があるポンタは、バンバ二世です。





Re: 器用なポンタ  まるこめ - 2019/07/22(Mon) 22:27:31 No.2895   <HOME>



似たような写真を探したのですが見当たりませんでした。
ポンタの、特に2枚目の左足が最高です。



ミュウ近影  月と猫と夜の庭 - 2019/07/14(Sun) 00:15:52 No.2892



茅ヶ崎時代を含めると、僕がカメラを向けた猫はおそらく200匹前後になるのではないかと思います。
当然それぞれに濃淡はありますが、ミュウとは言葉を介したコミュニケーションが最も可能な猫です。バンバほど愉快な被写体ではありませんが、一緒に暮らす伴侶としては最高です。





Re: ミュウ近影  まるこめ - 2019/07/14(Sun) 11:44:46 No.2893   <HOME>

今年に限っていうと、ぼくがカメラを向けた猫はわずかに10数匹かもしれません。
海岸以外は旅先で偶然見かけた子だけだったりするので。
ブログを回すのがちょっときつく感じる昨今です。
ミュウは本当に幸せな子ですね。
ミヨシ一家集合時代を思い出すと泣けてきます。



雨水  月と猫と夜の庭 - 2019/07/05(Fri) 05:25:26 No.2889



きれいな水がボウルに入っているのにもかかわらず、猫は汚い雨水を好みます。
どうしてだろう?
塩素が嫌なのだろうか?

ミヨシ一家も漁師小屋の水槽の溜まり水を美味しそうに飲んでいました。
この猫を撮るたびにコスケを思い出します。
コスケ同様、とても懐いてくれています。
そういえば、コスケは前足で上手に水をすくっていました。






Re: 雨水  まるこめ - 2019/07/05(Fri) 09:03:51 No.2891   <HOME>



とある公園で、水飲み場の蛇口をひねってくれる人が現れるのを待っている子を見たことがあります。
水の好みもいろいろなのでしょうね。

写真の子。足を滑らせたりしませんように。



雄弁なしっぽ  茅ヶ崎在住人 - 2019/06/16(Sun) 15:25:29 No.2882



おねむのエリカさん いつもの大声はなく、寝ぼけ眼で「ふみゃ」と一言。
しっぽはブンブン。





Re: 雄弁なしっぽ  まるこめ - 2019/06/17(Mon) 17:08:46 No.2883

似たような写真でブログを更新しようと思っていたところでした。
やられた!





Re: 雄弁なしっぽ  茅ヶ崎在住人 - 2019/06/22(Sat) 18:56:50 No.2884

エリカさんには昨日は会えなかったので感想は聞いていませんが
まぁ彼女の事。また新たな居心地のいい場所を見つけるのでは?

hhttps://www.youtube.com/watch?v=zNwUvKZbPtU
これ?ご存知ですか?
最近思い出してよく聞いています。






Re: 雄弁なしっぽ  まるこめ - 2019/06/23(Sun) 09:46:45 No.2885   <HOME>

土曜早朝、プランターの前に佇んでいるのを見かけました。
以前ほど大声は出さず、聞き分けもよく、なにやら達観した感じでした。

朱里エイコはヒットした曲しか知りませんでした。
亡くなるしばらく前にテレビに出ていたのを偶然見ましたが、まるで別人だったのに驚いたものです。





Re: 雄弁なしっぽ  茅ヶ崎在住人 - 2019/07/02(Tue) 13:44:20 No.2888



みっちり





Re: 雄弁なしっぽ  まるこめ - 2019/07/05(Fri) 08:21:38 No.2890   <HOME>

ここに収まっているのはまだ見たことがありません。
今週の火、水、木の朝は不在でした。残念!



みんな ぐったり!  月と猫と夜の庭 - 2019/06/24(Mon) 09:51:20 No.2886



こちらはまだ梅雨入りしていませんが、ムシムシとした真夏日が続きます。

猫たちも、あちこちでぐったりとひっくり返り呼びかけには応じるものの、
その動作は普段の10倍とも言えるほど緩慢です。
日の出前か日没後に会いに行けばよいのですが、f値が追いつきません。
しかし、自分勝手な言い訳ですね。





Re: みんな ぐったり!  まるこめ - 2019/06/26(Wed) 00:16:06 No.2887   <HOME>



土日に雨や用事が続いているので、このところ平日に仕事を終えてから海岸に行っています。
6時前後の小一時間ですべて回りきれるほど猫分布図は縮小されていますが、
先人の、そして今も親身にお世話される方々の努力の賜物、まちがいなくよいことなのでしょう。

これは本日(といっても、もう昨日)の、今一番遊び好きでしっとしないモモたんです。



ポンタと散歩  月と猫と夜の庭 - 2019/06/04(Tue) 07:20:12 No.2879



ポンタは、ボクと前後しながら時に歩調をあわせ真横に並んでくれたり、夏草の茂みに飛び込んで寄り道したりと、このあたりを一緒に歩いてくれました。

距離が開きすぎるとボクはしゃがんで待ちます。一向に意に介さないこともありますが、あわてて駆け寄って来ることも度々です。

なんと、ウイ奴じゃ!







Re: ポンタと散歩  まるこめ - 2019/06/05(Wed) 09:21:08 No.2880   <HOME>



しばらく前、姿を消したキンタを探し歩いた時、
前になり後ろになりして防砂ネット2ブロックに渡ってついて歩いてくれたのがファンボ。
「アタシも一緒に探しちゃうぜ」とでも言っていそうで、ずいぶんと心強かったものです。





Re: ポンタと散歩  月と猫と夜の庭 - 2019/06/05(Wed) 12:21:28 No.2881



ファンボ可愛いですね。
尻尾をピンと立ててまるこめさんと歩くのが嬉しそう!

ポンタとおばあちゃんを引き連れて散歩することもよくあります。
「飼い猫ですか?」と幾度か尋ねられ、砂浜でミヨシ一家と戯れていた時にも同じ質問をされたことを思い出します。



山の辺の道  月と猫と夜の庭 - 2019/05/23(Thu) 04:12:52 No.2877



田植えにはまだ早すぎ、ただただ暑いだけの15kmを歩きました。

右前肢を怪我しているもののゴロンゴロンと親愛の情を示してくれた猫。
お世話してくださるヒトの存在を間違いなく感じました。
とても涼しい風が吹き抜けました。





Re: 山の辺の道  まるこめ - 2019/05/24(Fri) 21:29:53 No.2878   <HOME>

あぁ、これはいい子です。いい猫です。
どうしてこうも猫は愛らしい姿かたち、しぐさ性格をしているのでしょう。
どこをとっても愛らしくてなりません。
この子ともお近づきになりたいなぁ。

[直接移動] [1] [2] [3]
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除もできます。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -
Antispam Version