166992

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
猫の手も借りたい

[トップに戻る] [ワード検索] [管理用]

・・・枠のある画像はクリックすると拡大表示します・・・

初めての猫撮り  月と猫と夜の庭 - 2017/02/17(Fri) 00:05:15 No.2694



新聞の梅便りによれば 「五分咲き」とのことだったので勇んで出かけてみました。
実際は三分咲き程度で人出だけが咲き誇り、お陰で期待した猫との遭遇は一分咲き。この公園での猫の受難の季節が始まりました。

「この子は耳が聴こえへんのやで」とボランティアのオバサンが教えてくれた猫。
4月並みの暖かな陽射しが救いでした。





Re: 初めての猫撮り  まるこめ - 2017/02/18(Sat) 23:35:04 No.2695



ぼくの猫撮り回数が減っていることの原因は、
その1、海岸猫の激減
その2、他にやりたいことが増えた
その3、寒さに弱くなった
あと、公言しづらい理由がもうひとつ。
2週間に1度、せいぜい5名程度に会って帰るというありさまです。



コタツの中のミュウ  月と猫と夜の庭 - 2017/02/05(Sun) 00:43:21 No.2692



足を温めようとコタツ布団をめくったら、闇夜のカラスならぬミュウが・・・。
画面右にある猫ベッドが彼女の定位置だったのにと不審に思いつつ、写真を撮った後に首を突っ込んで見ると、バリバリに乾いたドライフードの塊が二箇所。
間違いなくバンバの仕業です。ミュウは怒っているのでしょうか。

※まだ猫撮りに出かけていません。





Re: コタツの中のミュウ  まるこめ - 2017/02/06(Mon) 05:46:35 No.2693

コタツの季節になると、かつて家にいた子のことが思い出されてなりません。
それを出す準備をしている段階から目の色が違っており、
早く設置してくれ、早く入れてくれ、早く温めてくれと強く訴えかけたものです。
一度入ってしまうと、食事と用を足す以外は出ようとせず、
下手をすると2日も3日も姿を見ないこともありました。
身罷って10年以上になる今も、コタツを出すたびそんな話をしては切なく笑う我が家であります。



寒いです  月と猫と夜の庭 - 2017/01/20(Fri) 16:20:52 No.2688



今年になってまだ猫撮りには出かけてはいません。
皮下脂肪がつき冬仕様の体になっているのに、寒いです。

ミュウは殆どコタツの中、バンバは寒がりの暑がりでコタツは苦手らしく冬専用の寝床を設えてやりました。
猫ベッドの敷毛布の下に座椅子用のホットカーペットと、掛毛布。
これが甚くお気に召したようで、毛布を掛けてやるまで待っています。
自分の名前より、「ゴハン」という言葉を真っ先に覚えたバンバですが、
自身の欲望に対してすごく知恵が働き、理解力の偏差値も相当高いです。

今年もよろしくお願いします。





Re: 寒いです   - 2017/01/20(Fri) 20:25:10 No.2689



こんばんは、月と猫と夜の庭さん。
バンバ〜〜〜 相変わらずイイ味出してますね。

この写真の子に関するホヤホヤの話です。

少し埃っぽい薄汚れたコート(自前の)をまとった大きな雄猫が、駅前の遊歩道に現れて暮らし始めたのは割と最近のこと。
行き交う人々に怯えることもなく、無邪気にハトを追いひとりあそびに興じ、路上での暮らしを苦にしている様子もない天真爛漫な彼。
誰かにごはんをもらっているのだろう。
だけど、たくさんの人混みの中に潜む邪悪な人の存在は否めない。
警戒心が無いのが余計こわい。
私は不安で、ついに昨日ウチに連れてきてしまいました。
我が家に来て二日目だというのに、このくつろぎっぷり。
広い遊歩道にいたので「広」くんです。
 





Re: 寒いです  まるこめ - 2017/01/21(Sat) 19:45:06 No.2690



>月と猫と夜の庭さん
もう20日を過ぎたというのに、今年はまだ1度しか写真を撮りに行っていません。
さらに驚くべきなのは、新しいカメラを手に入れたというのにです。なんでやねん。
AFは目が覚めるほど早いです。もう戻れません。後はもう腕だけです。
のっそりしたバンバとまた遊びたいものです。

>ねこやしきさん
いつも頭が下がります。猫のためにどうもありがとうございます。
広くんが他の子たちとも仲よく穏やかに暮らせますよう。
そして、ねこやしきさんも健康で猫のお世話ができますよう。
ぼかぁ、もう自分の健康に自信がないので猫はもちろん生き物に手を出せません。





Re: 寒いです  月と猫と夜の庭 - 2017/01/28(Sat) 00:13:07 No.2691



今年になってやっと撮れたミュウのまともな写真です。
カメラを向けるとすぐに近づいて来るので、旧レンズ(これは50mmマクロ)を使っているとフォーカスが間に合いません。
バンバの場合動作がのっそりしているうえに、「ゴハン」というだけで黒目が大きくなり振り返ってくれるのとは大違いです。

広くん良かったね。
性格がバンバに似ているようで一度対面させてみたいです。
ねこやしきさん、ありがとうございます。



公園タロウ   - 2016/12/27(Tue) 13:54:07 No.2681



まるこめさん、こんにちは。
まるこめさんや月と猫と夜の庭さんのような素晴らしい作品に
物怖じすることもなく、図々しく投稿です! (^_^;)

公園猫「タロウ」です。
タロウは「かわいい」とか「端整」を好む人には、アピールできるものがあまり無い
“ボクトツとしたおじさん猫”です。
触らせてはくれないが、激しく拒みはしないという、静かな「人馴れNG」タイプ。
うだつの上がらない様子でのっそり歩く。
温厚で他の猫に喧嘩を売ることも無い。
食事はえり好みせず何でも食べる。
薄暗がりの木立にひっそりたたずみ、食事のデリバリー待ちのタロウを
たまに見過ごしてしまう時、彼はごく控えめに「ニャ」と言って私を呼び止める。
そんな地味なタロウをこよなく愛しています。

『タロウや、おまえの寝床は、枯葉の寝床。
 でも私が思ういじょうに、おまえは何も不足していないのだろう。
 だけどいつか、おまえが困ったら…
 いつか年老いたら…
 タロウや、うちに連れてくるのを許してくれるかい?』





Re: 公園タロウ  月と猫と夜の庭 - 2016/12/27(Tue) 22:04:14 No.2682



ねこやしきさん こんばんは。

最後の6行を読んで涙が出そうになりました。
この前のスレッドで、まるこめさんとやり取りした「猫の不思議」でしょうか。
あるいは、猫の魔性でしょうか。
猫の写真に良し悪しなどありません。
撮らざるを得ない心情があれば必要十分だと思います。
文章と併せ読むと、タロウの性格が伝わってくる写真です。

【お詫び】
まるこめさん宛のスレッドだったのに、ついつい先走ってしまいました。
ねこやしきさん、まるこめさん、ごめんなさい。
申し訳ありませんでした。---------12/28 追記 





Re: 公園タロウ  まるこめ - 2016/12/27(Tue) 23:42:13 No.2683



タロウの人となりならぬ猫となりにぐっときました。
ねこやしきさんのその筆致にです。
ぼくなどの写真はそれを前になんの訴求力も持ちません。





Re: 公園タロウ  まるこめ - 2016/12/28(Wed) 23:21:36 No.2684



月と猫と夜の庭さん

お詫びとか申し訳ないとかとんでもないです。
というか、心外です。なんでよ!と言ってしまいます。わはは。
どうか気兼ねなく書き込んでくださいまし。お願いします。





Re: 公園タロウ  月と猫と夜の庭 - 2016/12/29(Thu) 04:51:37 No.2685



昔から直情径行型で・・・
掲示板であることを差し引いても、自分のブログのように独占していますし・・・
何よりも、列に割り込んだマナー違反ではないかと・・・・・・。

まるこめさん ありがとうございます。





Re: 公園タロウ   - 2016/12/29(Thu) 16:59:50 No.2686



月と猫と夜の庭さん、あやまらないでくださいーー。

私のは、この前のスレッドの月と猫と夜の庭さんとまるこめさんのやり取りの後ろに
「チョビットおまけ」程度にのせる感じで投稿したかったのですが、長くなってしまうので、しかたなく新しいところに出させていただいたのでした。

月と猫と夜の庭さんのストーリーを感じる作品も、まるこめさんの臨場感&躍動感ある作品も、いつも楽しみにしています。

この写真は、いよいよ寒くなり、この冬初めて暖房を入れた時、さっそく温風の吹き出す位置にあるテーブルに乗ってる面々の様子です。
この子たちは「半 家庭内ノラ」です。(^_^;)





Re: 公園タロウ  月と猫と夜の庭 - 2016/12/29(Thu) 19:51:25 No.2687



幅2mにも満たない、5、6段しかない小さな階段。
友人と二人で通り過ぎようとしても僕たちの足元でこの姿勢を変えようともせず、しかも、猫音痴の彼がさわっても受け入れてくれました。

繊細さが生む優しさとおおらかさ。
ねこやしきさん ありがとうございます。



ムギとコメ  月と猫と夜の庭 - 2016/12/20(Tue) 07:33:35 No.2676



実家の居間です。妻のカメラで慌てて撮りました。
この兄妹とても仲が良いのです。





Re: ムギとコメ  まるこめ - 2016/12/20(Tue) 21:54:05 No.2677

や。これはいいですね。
写真は場面であって機材ではないのがよくわかります。

機材に頼って今週ウハウハなぼくが言ってもほとんど説得力ないですが。





Re: ムギとコメ  月と猫と夜の庭 - 2016/12/23(Fri) 13:13:17 No.2678



確かに、写真を意識するかどうかで世界に対する認識は変わりますよね。
問題は、機材の新旧ではなくカメラというブラックボックスの呪縛だと思います。
写真の不思議です。





Re: ムギとコメ  まるこめ - 2016/12/24(Sat) 00:15:20 No.2679



意識するかどうかで世界に対する認識が変わるのは写真に限ったことではなく、
音楽でも文学でも、健康でも酒でも猫でもおそらくそうなのでしょう。
たぶん猫の不思議です。





Re: ムギとコメ  月と猫と夜の庭 - 2016/12/24(Sat) 11:56:46 No.2680



僕の場合、カメラを手にしているかどうかで世界は変わります。
視覚を言語に変換するか、写真として定着させるかの明らかな違いがあります。

昨日、猫を土に還すべく実家の裏庭に埋めました。
見知らぬ猫でした。
間違いなく猫の不思議はあると思います。



小春日和  月と猫と夜の庭 - 2016/11/27(Sun) 04:59:00 No.2671



ソックスこそ履いていないけれども、晩秋の穏やかな光を浴びるコスケ似の君。
去りがたく、幾度もシャッターを押す海猫センチメンタリズム。





Re: 小春日和  月と猫と夜の庭 - 2016/11/28(Mon) 00:02:36 No.2672



この顔立ちと人懐っこさはコスケを思い出さずにはいられません。





Re: 小春日和  まるこめ - 2016/11/28(Mon) 17:51:14 No.2673

その胸キュン度は、昔好きだった人に似た女性と遭遇した時のものに匹敵しますね。
うれしいような、切ないような、新たな恋の予感というか妄想というか、
思わずため息ついてしまうような。

ぼくはといえば、新しいレンズを手に入れたものの、
天候や用事のせいで全然撮りに出られなくて悶々としています。
海岸に出ても、最近はほとんど猫と出会えないのも悩みの種です。





Re: 小春日和  月と猫と夜の庭 - 2016/12/10(Sat) 23:50:12 No.2674



この猫の物語です。

一年間ほど飼い猫になった時期がありました。連れ帰った飼い主の住まいがマンションだったため、またここに戻すことになりました。

スマホの待受け画面のミヨシ一家の写真を元飼い主に見せました。コスケが端にいます。
笑顔で交わした会話の裏側に、涙がありました。





Re: 小春日和  まるこめ - 2016/12/12(Mon) 15:28:04 No.2675

最後の一行。
そういう会話が多くなってきた昨今です。



京都の紅葉  月と猫と夜の庭 - 2016/11/12(Sat) 05:27:02 No.2667



想像以上に京都の紅葉は進んでいました。
寺らしさはありませんが、建仁寺境内です。





Re: 京都の紅葉  まるこめ - 2016/11/13(Sun) 01:49:16 No.2668

あぁ、いいですねぇ。ぼくも撮りに行きたいものです、鎌倉あたり。
だがしかし、明日……もう今日ですが、ハングル検定試験のため、ここんとこずっと外出は控え気味。
これさえ終わってしまえばこっちのものというわけにもいかなくて、
月曜日には再発と転移がないかの検査。結果次第ではまた囚われの身。
なにごともなければ来週末には届く新しいレンズを携え出かけたいところなのですが。





Re: 京都の紅葉  月と猫と夜の庭 - 2016/11/16(Wed) 04:02:09 No.2669



まるこめさん
検定試験の結果はさておき、検査の方は真っ白でまずはめでたし、めでたし!

新しいレンズとは、12−100でしょうか。猫に向かうには最適な焦点距離かもしれませんね。
こちらは、大阪城の紅葉です。
雨の後のせいか大きな樹々の葉が伸び伸びと晩秋を主張していました。
京都も大阪も例の14−150です。このレンズ本当に良く写ります。





Re: 京都の紅葉  まるこめ - 2016/11/17(Thu) 18:05:20 No.2670

12-100です。先ほど発送の報告が来ました。
いっそ新製品を全部とも思ったのですが、さすがにそれはアカンやろと。

検査と試験の結果は逆でなくてよかったです。
どうもありがとうございます。



かくれんぼ  月と猫と夜の庭 - 2016/11/02(Wed) 04:54:29 No.2664



♫ うしろの 鬼さん だ〜あれ ♬





Re: かくれんぼ  まるこめ - 2016/11/02(Wed) 17:41:06 No.2665

や。これはいいポーズですね、手前の子。
奥の子が期待に応えてくれるといいのですが。

何年ぶりかでオリのプレミア会員になってしまいました。
いくら請求されるのか、もー、ほとんど気にしていません。





Re: かくれんぼ  月と猫と夜の庭 - 2016/11/02(Wed) 22:27:22 No.2666



フォーサーズレンズの優秀さを再認識しています。

MKUは連射を含む動態能力ばかり喧伝され、旧レンズに対する記述が今のところ見当たりません。
クロスの位相差AFで多分使い易くなりそうですが、実は、E-M5Uの方がE-M1より旧レンズの使い勝手が良いのです。
高額であることを含めて僕は様子見です。

『かくれんぼ』をしている猫たちがいる一方、同じ公園で体操をしている猫がいました。
共に旧レンズです。



久しぶりの京都  月と猫と夜の庭 - 2016/10/15(Sat) 20:53:35 No.2658



木村伊兵衛展を見に行ったついでに、いつもの場所まで足を伸ばし、猫を撮って来ました。
秋の陽射しを慈しんでいる様子を見ると、
胸をかきむしられるような可愛さを感じてしまいました。

京都は、1月に雪を撮りに行って以来でした。





Re: 久しぶりの京都  まるこめ - 2016/10/16(Sun) 09:12:15 No.2659



過ごしやすくなって来たので、久しぶりに鎌倉などへも足を運びたいと思っています。
知った顔がほとんどなくなっていた江の島以上に、そこには切ないことが待っていそうですが。

写真は、海岸での世代交代の象徴ともいえるオザワ君です。
暮れに向かって、カメラとかレンズとかまた悩ましいことになってきますね。





Re: 久しぶりの京都  月と猫と夜の庭 - 2016/10/16(Sun) 22:21:10 No.2660



こちらは、何年か前にまるこめさんと猫を撮り歩いた公園の猫です。
その時にも現れたウイ奴です。久しぶりでしたが元気でした。
此処で舌を鳴らすと何匹かの猫が現れ、しばらく一緒に歩いてくれますが、僕のことを覚えてくれているというよりはボランティアの方々の優しさが人懐っこさを生んでいるのだと思います。

これはフォーサーズレンズ(50mm マクロ)で撮ったものですが、新しいカメラが旧レンズをもっと活かせるようになって欲しいですよね。





Re: 久しぶりの京都   - 2016/10/18(Tue) 09:42:02 No.2661



月と猫と夜の庭さん、まるこめさん、こんにちは。

公園暮らしを後にして我が家に来て3年のしゃぶろーしゃん。
キタナイお顔がいとおしい、ビビリのしゃぶろーしゃん、元気にしております。
これでも拾って来た時よりは、症状が良くなっているんですヨ。

外で暮らす子たち、これから来る冬をなんとか元気に乗り切ってほしい、そう思う今日この頃です。
このたびもまた、しょうもない写真をのせてしまってごめんなさい。





Re: 久しぶりの京都  まるこめ - 2016/10/19(Wed) 19:03:42 No.2662

涼しく過ごしやすい期間が年々短くなって、
暑いの後がいきなり寒いになってしまう昨今、
外猫には苦労が絶えませんね。

しゃぶろーしゃん、長く穏やかな日々が続きますよう。
投稿いただき、どうもありがとうございます。





Re: 久しぶりの京都  月と猫と夜の庭 - 2016/10/19(Wed) 21:59:02 No.2663



ねこやしきさん お久しぶりです。
しゃぶろーしゃん、元気で何よりです。

猫というのは本当に不思議な動物で、その仕草、表情がいくらでも擬人化できますよね。
しかも、ユーモラスに。
ついつい深入りしてしまう要因の一つです。

この猫は、上記の公園で同様に舌を鳴らしたら顔を覗かせに出て来たものの、その後、スタコラサッサと踵を返し消えてしまいました。
見事な野次馬(猫)根性でした。



誰もいない漁港  まるこめ - 2016/10/08(Sat) 12:51:45 No.2657



どっちをブログに使うかで悩んだもう1枚。
ここで誰かに会うことももうないかも。

[直接移動] [1] [2] [3]
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除もできます。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -
Antispam Version